釣行記:2017/08/20

仕事の合間を縫い、2日連続での釣行です。

初日はプライベート、2日目はエギの師匠と共に、夕間詰から夜半にかけて竿を出してきました。今回は初日の記事です。

初日は潮回りこそよろしくないものの魚の活性がなかなかよく、30cm弱のオジサンや、子タマン(フエフキダイの幼魚)がコンスタントに釣れます。

そんな中で、夕方での最大のHITはトカジャー(カンランハギ)、35cmくらいでしょうか。

カンランハギはあまり美味しくない、と石垣では言われていますので、綺麗に捌いて天ぷらにでもしてみようかと。

そして夜。どうせ釣れないんだろうな~と、釣り上げたオジサンの輪切りをエサに、アタリ鈴を付けエギ(イカルアー用)竿で遠投し放置していたら…

 

チ…チ…チリチリ

チリンチリンチリン…

リンリンリン!

ウニョーン!(竿が劇的に曲がる様子)

ウィーィィーーン!(ドラグの出る音)

リリリリリリ!!!

 竿が90度曲がったのを初めて見た…(^^;

 

グィーンと合わせたところ、重すぎて巻けない、止まらない、竿がもたない。

横で釣りをしていた地元のおじさんが飛んできて、やたら興奮していましたが…

結果的にはみなまで言うな、ファーストランで仕掛けごと切られました。

打ち込み釣りもタイミングでしょうが、激熱ですね。道糸は4号、ハリスは6号。針は伊勢尼10号。そりゃもたんわ。

 

toka001.pngカンランハギ

 

トラックバック

トラックバックURL

http://okitei.sakura.ne.jp/index.php/trackback/choukouki02

コメント

コメント登録

登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限